ライフオーガナイザーつばめの「片づけ実践日記」

シンプルに、暮らしと私をととのえる。ライフオーガナイザー®として家事・こども・時間について考え実践しています。

【断捨離・捨てたもの公開】2017個手放す!残り1706個 ~思い出を手放す

つばめです。

 

2017年、2017個手放すことに挑戦中です。

 

www.tsubame-go.com

 

先週は汚部屋現場の作業が多くて、なかなか自宅の断捨離は進みませんでした。

 

f:id:katamame:20170131215055j:image

  1. 過去の教材 4冊
  2. おもちゃ 3個
  3. シャンプーボトル(使い切り)
  4. 化粧品ボトル(使い切り)
  5. iPhoneの箱
  6. 日焼け止め(古い)
  7. 母子手帳ケースの中の要らない書類
  8. 火消札
  9. 万年筆インク(箱を処分)
  10. フリクションペン
  11. マジックソルト
  12. 写ってないけど、クッション 2個

 

合計18個 残り1706個

 

 

8の火消札。

万年筆インクの箱の下にある、木の札です。

(表に私の名前が書いてあるので、伏せています)

 

新卒で勤めた職場を退職するとき、先輩(というか、上司? 他所の部署のおじさん)からいただきました。

江戸の火消が、火を消した後に自分の名前を書いた札を置いたことから、「そこで災いを止める」という意味がある、縁起の良いものだそうです。

退職して、もう15年・・・?

その後、2回転職していますが、捨てられず、ずっと持っていました。

 

でもね。なんかね。もういいかな、と思いました。

 

そのエピソード自体は過去の良い思い出ですが、その職場は・・・総じて良くない印象なんです。

良い出会いもありましたが、少なくとも思い出して嬉しくなるような3年ではありませんでした。

 

本当に苦しかった。

 

でもこれまで勤めた会社においてその3年は必要なキャリアだったので、そのつながりを意識するために、取っておいたところもあります。

実際に、この札は転職した先の職場に置いていたんです。

仕事を辞めたので、うちにあるだけ。

 

もう、その仕事をすることは絶対にないだろうから、今の私にとっては特に意識する必要ない経験です。

その3年が今の私に影響を与えていることは確かですが、だから何だ、という感じで、詳しくは忘れても全く差し支えないものです。

 

この札を見ると、その何とも言えない感じがよみがえってきます。

札と先輩のお気遣いに全く罪はありませんが、もうご利益は十分頂戴したと考え、ありがたく手放したいと思います。

 

 

 

 ★モノを手放した先にある暮らしはきっと素敵なはず。(トラコミュ)

★応援のポチを頂けると嬉しいです(o^―^o) ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ