まいにち暮らし、ときどき冒険

シンプルに、暮らしと私をととのえる。ライフオーガナイザー®として、家事・こども・時間の使い方について考えています。

ダイエットの友となるか?LETSCOM心拍・活動量計を買ってみた

スポンサーリンク

今日も身体の断捨離の話題です。

ダイエット関連数値を簡単にとれるように、
LETSCOMの活動量計を買ってみました。

 

 

なんと、当日届きました。

f:id:katamame:20170703092845j:image

 

とりあえずピンクをチョイス。心拍数も計れるタイプです。

f:id:katamame:20170703092901j:image

 

着画。(4歳男児)

f:id:katamame:20170703092913j:image

 

セットアップ

スマホとはBluetooth接続です。

本体を少し充電して、その間にスマホに専用アプリをダウンロード。

アプリを起動すれば、自動的に本体を探して、接続してくれます。

簡単!

 

アプリはこんなかんじ 

歩数計をカウントしてくれます。基本ですな。f:id:katamame:20170703155520j:image

 

睡眠中も装着すると、睡眠の浅い深いがわかるようです。

足首に装着しましたが、大丈夫だったみたいです。

手首にやると、子供が気にして仕方ないので。

f:id:katamame:20170703094454j:image

 

心拍数によって、脂肪燃焼した時間を計算してくれます。
まだエクササイズしてないのでゼロです。

f:id:katamame:20170703094459j:image

感想 

調べたり知ったりするがの大好きなので、こういうのはとても面白いです。

心拍数がわかるものにするか迷ったのですが、こっちにして良かったかな。

エクササイズするときは、本体を操作してスポーツモードに切り替えないといけないのがちょっと面倒。

そしてこの「スポーツモード」に切り替えると何が起こるのかがわからん(笑)

いちおう日本語説明書がついていますが、中国な感じです。

最近のスマホや携帯には歩数計機能が当たり前についているようですが、私はそのためにスマホを持ち歩くのが嫌で、こういう時計タイプのモノを導入してみました。

着信があったときの通知機能もあるみたいです。 

遠隔カメラっていうのはなんでしょう。
本体がカメラのシャッターボタンになるようですが、メリットがわからないです。

ベルトはちょっと留めにくいです。

 

まぁ、アップルウォッチ買うより安く済んでよかった(笑) 

 

自己紹介 ~このブログの著者・つばめはこんなひとです!

◆ブログランキングに参加しています。応援のクリック、励みになります♪