ライフオーガナイザーつばめの「片づけ実践日記」

心と空間を最適化して幸せに生きる。私の小さな一歩をお伝えします。

古着の処分方法あれこれ

この秋、夫の服をたくさん処分しました。

クローゼットひっくり返していると、義母も「これも一緒に・・・」と出してきたり。

私もいろいろ厳選したくなってきたので、改めて処分しました。

 

古着は、処分方法がいくつかありますね。

今回利用したのは次の方法。

 

古着回収

自治体の回収です。うちは隔週です。

私の分だけ処分していたときは、主にこれでやっていました。いちばんラクです。

回収された古着は、ウエスにされたり、海外に売られたりしますね。

 

メルカリ

夫の国内ブランドの冬物。ほとんど着なかった私の服と鞄類。

状態が良く、クレームにならなそうで、かつすぐ売れそうなもののみ。

切手の在庫を減らす目的も少しありました。

服以外にも10件以上売って、売上トータル20,000円くらい。

手放してこれくらいバックがあると、嬉しいですね。捨てるよりずっといいです。

でも、保管、質問回答、発送作業が面倒なので、やる気のあるときしかやれません。

保管したくないので、すぐ売れそうなものを選んで、安価で出品しました。

 

近所の古着屋

2件行きました。

量り売りのところと、1着ずつ査定するところ。

メルカリではすぐ売れなそうだけど、回収に直行するのはどうか・・・というもの。

査定に時間がかかるので、正直、もう行きたくないです。

量り売りのほうが多少早いので、次行くならそっちかな。

合わせて30点弱買い取ってもらって、800円くらい。

 

ネット買取

夫の服(スーツ類)。

夫に任せたのではっきりわかりませんが、20点くらいで、1000円くらい。

近所の古着屋と、そう変わりません。

送料無料だし、私も次はネット買取にしよう。

でも有名ブランドでないと買い取ってもらえないとか、あるようなので注意です。

 

感想

私は、昔から、本は古本屋に売っていました。

本は、雑誌や文庫をかき集めると、30冊あれば1000円くらいになります。

古本屋で買った本でも、10円で買ってくれます。

恥ずかしながら若いころ、お金がなくて、本を売ったら1000円くらいになってホクホクしたことが何回かあります。

その感覚からすると、服ってどんなに高くても、買い取りは安いんだなぁ、と。

ほとんど着てないのに売るとしたら、本より服のほうがワリが良くないですね。

 

衣類は、売るために保管しておくにしても場所を取るので、もう、処分方法は「捨てる」でいいのかな。

そういうつもりで、今ある服を着倒していくのが良いのかもしれません。