ライフオーガナイザーつばめの「片づけ実践日記」

シンプルに、暮らしと私をととのえる。ライフオーガナイザー®として家事・こども・時間について考え実践しています。

冬のお悩み、コートやジャケットがリビングで散らかる件について

ブログ仲間のうさたなさんにモニターになっていただき、
完全オンラインおかたづけに挑戦しています。

【オンライン企画】完全オンライン!お片づけ相談コラボ企画はじまる! - まいにち暮らし、ときどき冒険

▼うさたなさんのオンラインオーガナイズ体験記はこちら
ずぼら主婦の人生いろいろ片付け日記|つばめさんとお片付けコラボ
どんどん進んでいますよ~! ぜひご覧ください!


うさたな邸ではリビングのお片づけに取り組んでいるのですが、
「最近、コートや上着がリビングに散らかりが気になる」
というお悩みの相談を受けました。

夏場は気づきにくい、冬ならではのお悩みですね。
どうしたらいいのでしょうか?

コートがリビングにたまってしまう理由

理由は簡単。
帰宅した後の動線上にコートの収納場所がないからです。

あなたは帰宅したら、まずはどこに向かいますか?

お母さんなら、お買い物をして帰ってくることが多いので、
まずキッチンやリビングに向かうのではないでしょうか。

買い物袋とカバンを机に置いて、コートを脱ぐ。
キッチンで手を洗って、買い物袋から冷蔵庫に移して、
そのまま調理開始!

この動きだと、あれ?
コートはどこに置いたかな?
たぶん、リビングの椅子の背もたれや、
ソファーの上に引っ掛けたままですね。

この後「コートをクローゼットにしまいにいく」
という動きをしない限り、
コートがリビングに置かれたままとなります。
一度家事に取り掛かってしまうと、
なかなかクローゼットまでしまいに行けないですよね。

ちょいかけスペースを作ろう

帰宅後にまっすぐクローゼットに行く、という習慣があれば、
たぶんこういうことは起こりません。

でも、クローゼットが2階にあったら・・・?
奥まった寝室にあったら・・・?
忙しいと、その部屋に行く間も惜しいです。

こういう場合は、帰宅後の動線上に
コートをかけられる場所を作ること。
これだけでもリビングの散らかりを抑えることができます。

帰宅したら必ず通る場所。
玄関や、リビングの入口付近などに
ちょいかけスペースがあると便利です。

▼我が家のちょいかけスペースはこんな感じ。

玄関からリビングに向かう廊下に作りました。

スペースがない場合

とはいえ、ちょいかけのために道具を買ったり、
壁にくぎを打つのは、ためらわれます。

そんな場合は、まず、
ちょい置きの場所を決めてみてはどうでしょうか。

自分の椅子の背もたれに置くことにする、とか、
リビングに適当な箱を用意してそこに入れるとか。
カーテンレールでもいいかもしれません。
なんとなく置くより、
「ここをちょい置き場所にする」と決めるだけでも、
モヤモヤが晴れることもあります。

▼決断疲れの話
【片づけヒント】散らかったモノと一緒に溜まっているのは「迷い」。 - まいにち暮らし、ときどき冒険

それで、部屋の散らかりが抑えられたな、と感じたら、
「自分にはちょいがけスペースはあったほうが良い」
ということなので、
そういうスペースをどこに作るか、何で作るか、
改めて考えれば良いと思います。

使わなくても必要なもの

このちょいかけスペースは、夏にはほとんど不要になります。
夏の間にこのスペースをみると、
もったいないなぁ、何かかけようか?と思うかもしれません。

でも、そこはぐっと我慢!
夏場、ここに別のものを掛ける習慣をつけてしまうと、
冬場にコートをかけるスペースがなくなり、困ります。

夏の間は、ここは空っぽでもいいんです。
使わなくても、大事な、必要な場所なんです。

冬しか使わないからもったいない、と思わず、
ぜひやってみてください!

まとめ

  • リビングに上着が散らかるのは、冬ならではのお悩み。
  • 帰宅した後の動線上に、ちょいかけできる場所を作ろう!
  • 空いた空間を「もったいない」と思わないこと!

▼うさたな邸のリビング、どうなるかな?
f:id:katamame:20171117104834j:plain:w350

うさたなさんとのお片づけコラボ、応援いただけたら嬉しいです♡



自己紹介 ~このブログの著者・つばめはこんなひとです!

◆2017年中に汚部屋脱出目指しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ