まいにち暮らし、ときどき冒険

シンプルに、暮らしと私をととのえる。ライフオーガナイザー®として家事・こども・時間について考え実践しています。

5歳男子もクギ付け!?家族で楽しめるEテレ「レイチェルのパリの小さなキッチン」の魅力

ときどき、テレビの番組表をザーッとみて、
気になった番組を適当に録画しています。

その中の大ヒット番組がこちら。

レイチェルのパリの小さなキッチン - NHK

パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

レイチェルのパリの小さなキッチン

イギリス出身でパリ在住のレイチェル・クーが、
フレンチのおうちごはんを紹介する番組です。

世界中で人気のシリーズだそうです。

Eテレで、月曜の午後11:00から、25分の番組です。

魅力1 レイチェル・クー

黒髪ストレート、前髪ぱっつんのレイチェル。
最初みたときは「パリジェンヌ?」と思いましたが、
番組を見るうちに、イギリス出身と判明。

それにしてもインパクトのある雰囲気だな、
と思って調べてみたら、
中国系マレーシア人とオーストリア人の親を持つそうで。
エキゾチックな雰囲気に、納得。

メイクやファッションも可愛い。
真っ赤な口紅で料理していたかと思うと、
ナチュラルなメイクで市場に出かけたり。

なんていうか、とってもかわいいのです。(笑)

魅力2 気軽なフレンチ

パリのアパルトマンの小さなキッチンで作られる
美味しそうなフレンチ!

メインディッシュあり、デザートありで、
とってもおいしそう。

日本では揃えにくい食材もたまにあるし、
再現するのは難しいかもしれないけど、
基本的にはあまり難しくないように見えます。

レイチェル流おうちフレンチ、という感じで、
フレンチが気軽に、身近に感じられます。

ホーローが剥げたボウルでガンガン泡立てるとことか・・・
なんかすごく、親しみが沸きます。

魅力3 アジアンテイストも!?

先週の放送では、なんと、ワサビを使った料理が登場。
アジア系にもルーツを持つからなのか?

この奇抜な(?)味付けの料理をふるまわれた
市場で働く男性陣の反応は・・・?

なかなか面白いです。

日本食を始めとしたアジアンフードが、
どんなふうにヨーロッパで受け入れられているのか、
その一端を覗き見ることができて、
とても興味深いです。

これからの社会について思う

アジアとヨーロッパにルーツを持ち、
イギリス出身で、パリ在住のレイチェル。

そんな人は、欧米では珍しくないのだろうけれど、
日本でしか暮らしたことがない私からすると、
想像もつかないグローバルぶりです。

でもきっと、
これがこれからの社会のスタンダードなんだろうな。

いろんなルーツを持った人が、
いろいろな場所で一緒に働き、暮らしていく。

これからを生きていく子供たちには、
一度でいいから、日本を出て、世界を見てもらいたいなぁ、
と思ったりするのでした。

そんな奥深い!?料理番組。
5歳の息子もクギ付けで見ていますよ~(^^)

レイチェルのパリの小さなキッチン - NHK


今年中に物置部屋をキレイに!汚部屋片づけ強化中!
にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へ汚部屋から脱出したい!
にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へ目指せ!汚部屋脱出
にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へワタシ、汚部屋と戦ってます

 

自己紹介 ~このブログの著者・つばめはこんなひとです!

◆2017年中に汚部屋脱出目指しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ