まいにち暮らし、ときどき冒険

シンプルに、暮らしと私をととのえる。ライフオーガナイザー®として家事・こども・時間について考え実践しています。

【断捨離】子供に危険な収納グッズ!?私がとりあえずボックスに採用した無印の収納はこちら。

今日は、
子供がいると意外と危険だった収納グッズを処分して、
心配の少ないものにかえたお話です。


先日、子供のグッズをいろいろ処分しました。


サイズアウト中心に14点処分~。

併せて、ずっと気になっていた子供用グッズを見直しました。

処分した収納グッズ

バケツ型カゴ


長らく「散らばったおもちゃをとりあえず入れるボックス」
として使っていました。
でも、2歳妹が、入るんですよね、この中にすっぽりと。

画像がなくて残念なんですが、
体育座り(お山座り?体操座り?)して、しばらくすると、
絶対に転げて頭を打ち、泣く(;^_^A

バケツ型だから、安定が悪いんですね。

色も目立つし、良いサイズ感。
遊びたくなっちゃう気持ちはわかる。
でも入って遊ばれると困る。

カゴはほかにもいっぱいあるので、
これは処分することにしました。

ワイヤー入りのカゴ


ワイヤーが入っていて、折りたためる、布のカゴです。

衣類を片付けるときなど、
ちょっとモノを仕分けするのに良いのです。
たためるからコンパクトに置いておけるし。

持ち手もついているので、帰省のとき、
オムツ関係一式を入れてそのまま使ったり、便利ではありました。

・・・でも、右の画像の通り、
使っているうちにワイヤーが折れてしまって、
子供の足を引っ掻いてしまいました。

成長とともに出てくる危険

収納カゴが子供にとって危険なものになるとは、
あまり意識していませんでした。

でも実際に子育てしていると、
いろんなことがありますね~・・・

それまでひっくり返して遊んでいたバケツカゴに、
入れるくらい大きくなったのは嬉しい。
でも子供がはいれてしまうくらいのバケツ型のカゴは、
そのまま転倒しやすく危険。

簡易カゴは、いつのまにか
フリスビーのように投げたり、自分で開いたり閉じたりしてみたり。
簡易的なカゴは乱暴に扱われがちなので壊れやすく、
ワイヤーが折れて飛び出すと危険です。

普通にカゴとして扱えば、何の問題もないんですけどね。

とりあえずボックスに採用したもの

最終的に私が「おもちゃとりあえずボックス」
として採用したのは、これです。

▼無印良品のソフトボックス
www.muji.net

これなら、ワイヤーは相当しっかりしていて
折れることはないし、
布は適度な張りがあるのにくたっとなるので
中に入っても転がることはないです。

こんな感じに、キャビネットの1枠を定位置にしました。

こうしたところで子供たちは引っ張り出して遊ぶのですが、
以前より安全にはなりました。

まとめ

  • バケツ型のカゴは便利だけど、子供が入って遊ぶと危険。2歳はそのままひっくり返るし、5歳の子でも出るときに足を引っかけることがあります。
  • ワイヤー入りの布地のカゴは、しっかりした作りのものを選ぶこと。折りたたみできるタイプは、雑に扱うとすぐ壊れてワイヤーが飛び出すことも。

子供は成長に応じてできることが増えていきます。
嬉しい反面、それまで問題なかったものが危険なものに変身することもあります。
子供の動きに合わせて、適切なグッズを選べるといいですよね。

ソフトボックスで今後また気づいたことがあれば、アップします(^^)


◎子供がいるおうちのお片付け、参考になります。(ブログ村テーマ)


■今年中に物置部屋をキレイに!汚部屋片づけ強化中です!
にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へ汚部屋から脱出したい!
にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へ目指せ!汚部屋脱出
にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へワタシ、汚部屋と戦ってます

 

自己紹介 ~このブログの著者・つばめはこんなひとです!

◆2017年中に汚部屋脱出目指しています。応援のクリックをいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ