ライフオーガナイザーつばめの「片づけ実践日記」

シンプルに、暮らしと私をととのえる。ライフオーガナイザー®として家事・こども・時間について考え実践しています。

リビングの収納は「生かす」!薬、衛生グッズを1か所にまとめてみた。

家族の誰かしらが薬を飲んでいることが多いです。

子供たちの服用中の薬は、
リビングの隅の台の上に置いているのですが、
これがけっこう邪魔な位置で、
ときどきひっかけて落としたり。

大人の薬は各自管理なので、
リビングにあるそれぞれのデスク周辺に置いていますが、
頻度も多いので、すぐにモサモサしてきます。

どうにかしたい!

今日はこの薬の片づけを通して、
みんなが集まるリビングの収納について、考えました。

まずは現状を把握

▼リビングの図
f:id:katamame:20171205173450p:plain:w350
ヨレヨレですいません(;^_^A
(ペンタブで書いてみたけど直線の書き方がわからず)

子どもたち薬を置いている台にアクセスしにくい。
私のデスクとも隣接していて、狭いし、
本当はあまり入ってきてほしくない場所。
もともと飲み忘れ防止のため机の上に出していたが、
机の上にモノを置きたくないので移動させた経緯がある。

大人用の薬は各自管理だけど、
デスクに置くと、狭い収納スペースを圧迫する。

衛生用品を入れている引き出しにも常備薬があるが、
ほとんど開けないので気づくと期限切れとか。

衛生用品の引き出しは、絆創膏やマスクも入っており、
子どもも勝手に開けて取り出しているので使える場所ではある。

総じて、薬があちこちに分散されているのが気になる!

  1. リビング隅の台(子ども)
  2. デスクの上(夫)
  3. デスク引き出し(私)
  4. 衛生用品引き出し(常備薬)  4か所!

衛生用品の引き出し

キャビネットにある引き出しの1段を
衛生用品入れにしています。

使用頻度が高いのは、写真右下の絆創膏。
真ん中は予備の薬とティッシュ、マスク。
左端は、熱さましグッズなど。

特に真ん中の、予備の薬がモサモサしがち。

子どもは、この引き出しを勝手にあけて、
絆創膏やマスクを取り出しています。
子どもも使える場所なのです。
なので、子供の薬をここに移動させても大丈夫では?と考えました。

ついでに大人の飲む薬も、ここにまとめてしまおう。
そうすれば、この引き出しの利用頻度が上がり、
常備薬のストック状況などを目にする機会も増えるはず。

全体的に部屋がスッキリしてきたので、
最近は飲み忘れとか、薬どこいった!! ということもなく、
見えない場所においても大丈夫だと感じました。

不要なものを取り除く


  • 処方薬の余り
  • デジタル婦人体温計
  • 服用中の薬を置いていたトレイ
  • その他不要な袋

主にモサモサしたものを処分しました。

配置を整えて収納

中央のモサモサしていた部分に、
服用中の薬を入れるようにしました。
ついでに子どもたちの母子手帳などもこちらに移動。

ちょっと整理をして、モノの位置を変えただけ。
他の場所からも持ってきているので、
全体的な物量はあまり変わっていないです。

モノの位置を変えたので
上手く回るか様子をみていますが、
子どももちゃんと、ここから自分の薬を取り、飲めています。

リビングの収納は日々使ってナンボ

衛生グッズの引き出し、リビングにありながら、
ほとんど「生きて」いませんでした。

使っているつもりが、使う頻度が低すぎて
しまい込んで動かない場所になってしまっていたんです。

みんなが集まり、活動することが多いリビング。
ここにモノがあると便利なので、
ついついいろんなものを便利に置いてしまいます。

そんなリビングの収納は、
使われることが多いものを中心に収めること。

もしリビングにほとんど開けない収納があったら、もったいない!

その収納家具自体を別部屋に移動させるか、
中身を全部別部屋に移して、
いまリビングに散らかって困っているものを収納すれば、
もっと広く有効にリビングを使えるかもしれませんよ。

まとめ

  • 薬はあちこちにあると大変。できれば1か所にまとめよう。
  • リビングには、皆がよく使うものを収納しよう。
  • リビングに、ほとんど開けない収納はないか? チェックしてみよう。

あーでも、リビングにあるわ、
ここよりもっと開けない引き出し。
うちもまだまだやることいっぱいありますわ・・・


◎お片付けのモチベーションアップに(ブログ村テーマ)

◎断捨離・シンプルライフの参考にしています。(ブログ村テーマ)